2017年08月26日

☆盆スペ☆ 風来坊激写南海高野線通勤型車両絵巻 ★ 2017最新版ッ!!!!!



てか、お盆が過ぎようが、


セミ様が出尽くそうが、


クラゲ様が海を占拠しようが、


「激暇日記」 は、今週もヨ〜シャなく


「盆スペ☆2017」


イ キ ま く り ッ !!!!! 






  /{゜参゜;}  

暑さだけはどッこも行ってくれず 。。。










そんなこんなで、



第 3 夜



今 回 は ・・・ 










南海高野線


通勤型車両


全 車 イ ッ キ に


イントロデュ〜スしますですッ!!!!! 











 ∬*゜👄´)ь 

白銀の仕事人達が、ク〜ルに激走だわよんッ!








































★★★ 南海6000系 ★★★









製造年 : 昭和37年〜昭和43年

改番・更新年 : 昭和60年〜平成元年

在籍数 : 72両

編成内容 : ( ← なんば ・ 橋本 → )

★ 4連口 ★
cM6001 (奇)+ T6601 (奇)
+ T6601 (偶)+ Mc6001 (偶)

★ 2連口 ★
cM6001 (奇)+ Tc6901 (偶)

★ 2連口 (方向転換編成) ★
cT6901 (奇)+ Mc6001 (偶)

車体長 : 20.7m   自重 : 24〜36.5t

車体幅 : 2.74m

制御方式 : 抵抗制御

駆動方式 : WN継手

台車 : 住友金属製
「S型ミンデン台車」
★ Mc車 = FS-392C
★ Tc車 ・ T車 (6601 〜 6610)=
FS-092A
「ミンデンドイツタイプ台車」
★ T車 (6611 〜 6622)=
FS-355

製造メーカー : 東急車輛

車体材質 : オールステンレス

併結可能車種 : 6000系 ・ 6300系 ・
6200系 ・ 6200系50番台

用途 : なんば〜橋本間の各停・急行・快速急行
なんば〜三日市町間の準急
なんば〜林間田園都市間の区急
泉北線直通の準急・区急
泉北線内の各停
(制御関係の事情で、4連口は6連・8連で運転)

〇 ・・・ 窓の面積が広く、
車内は解放感バツグン!
比類なき頑丈さを誇る車体のおかげで
今も全車が現役ッ!!!!!

× ・・・ 両開きドアより100mm狭い片開きドアは
さすがにラッシュ時の乗降では不利。










現在の南海に於きまして

最年長の存在である6000系は

2018年には全車が

車齢50年以上となりますが

今現在も全72両が

高野線の第一線で活躍しまくりッ!!!!! 










我が国初の、20m級4ドアの

オ〜ルステン車として

前回の東京オリンピック開催前に生を受け

以来、高度経済成長や

バブルに沸いた昭和時代と

混迷の平成時代を

つぶさに見つめながら

6000系自身も進化を重ねてきましたッ! 










デビュ〜当初は

車番プレ〜ト以外は無塗装で

冷房や方向幕はナッシング、

パンタも大型の菱形、

台車はパイオニアの 「P-V台車」 っつ〜

イデタチでしたが ・・・ 










その後、冷房化にパンタの換装、

台車も全車が 「ミンデン台車」 に履き替え

(同時にサハ6801形がサハ6601形に改番)

一部の2連口の方向転換や新塗装化と

時代の変化に応じて参り、

「還暦」 を目前にしても最前線で走り続け、

「世代交代ハ無用ナリッ!!!」 っと

言わんばかりの

そのイブシ銀の活躍と輝きは

全く衰える気配がございませぬッ!!!!! 











  v{^寿^}v  

100年休まずに、ガタンゴトンッ!!






































★★★ 南海6300系 ★★★









製造年 : 昭和45年〜昭和48年

改番・更新年 : 平成8年〜平成21年

在籍数 : 76両

編成内容 : ( ← なんば ・ 橋本 → )

★ 6連口 (4+2) ★
cM6301 + T6401 + T6451 (80番台)
+ M6391 + T6451 (00番台)+ Mc6351

★ 6連口 (2+4) ★
cM6301 + T6401 (00番台)+ M6341
+ T6401 (40番台)+ T6451 + Mc6351

★ 4連口 ★
cM6321 (20番台)+ T6421
+ T6471 + Mc6371

★ 2連口 ★
cM6321 (30番台)+ Tc6701

車体長 : 20.7m   自重 : 28〜36t

車体幅 : 2.74m

制御方式 : 抵抗制御

駆動方式 : WN継手

台車 : 住友金属製
「S型ミンデン台車」
★ Mc車 ・ M車 =
FS-379 ・ FS-379K ・ FS-379S
★ T車 =
FS-079 ・ FS-076K ・ FS-376K 
★ Tc車 = FS-079

製造メーカー : 東急車輛

車体材質 : オールステンレス

併結可能車種 : 6000系 ・ 6300系 ・
6200系 ・ 6200系50番台

用途 : なんば〜橋本間の各停・急行・快速急行
なんば〜三日市町間の準急
なんば〜林間田園都市間の区急
泉北線直通の準急・区急
泉北線内の各停

〇 ・・・ 台車履き替えによって向上した
乗り心地と高速安定性ッ!
運用の自由度の高さッ!

× ・・・ 中間車化改造をした元先頭車の
運転台と背面仕切りは完全に撤去して
キチンと客室として
使えるようにしたほうが ・・・










昭和40年代後半、沿線の発展によって

高野線も大量輸送時代に突入しまくり、

泉北線も同時期に開業したコトから

旧型車の置き換えと

デンシャの近代化を目的として

御製造されたのが、

6000系の両開きバ〜ジョンとも言える

6100系ッ!!!!! 










外観はまさに、本線の7100系を

そのまんまステン化したようなフォルムで

6000系同様に、無塗装車体で

ブレ〜キディスクが激マブな

パイオニア台車を履き

ヒジョ〜にク〜ルなオ〜ラを

放ちまくりッ! 










平成8年からは、乗り心地 & 安定性の

向上を図って、台車が順次

「ミンデン台車」 に取り換えられ

系列も6100系から

「6300系」 に改番されましたが

現在も高野線 & 泉北線の

主力メンバ〜として

冷徹に任務をこなしまくりでありますッ!!!!! 











  ∬;^👄^)ゞ  

車番の 「解読」 が激ムズだわね 。。。







































★★★ 南海6200系 ★★★









製造年 : 昭和49年〜昭和60年

改造年 : 平成13年〜平成24年

在籍数 : 58両

編成内容 : ( ← なんば ・ 橋本 → )

★ 6連口 ★
cT6501 (奇)+ M6201 (奇)+ M6201 (偶)
+ M6201 (奇)+ M6201 (偶)+ Tc6501 (偶)

★ 4連口 ★
cT6501 (奇)+ M6201 (奇)
+ M6201 (偶)+ Tc6501 (偶)

車体長 : 20.7〜20.8m   自重 : 26.5〜37.5t 

車体幅 : 2.74m

制御方式 : ★ 6連口 = 抵抗制御
★ 4連口 = VVVFインバーター制御
(IGBT素子)

駆動方式 : WN継手

台車 : 住友金属製
「S型ミンデン台車」
★ M車 = FS-392
★ 編入車のM車 = FS-392A
★ Tc車 = FS-092

製造メーカー : 東急車輛

車体材質 : オールステンレス

併結可能車種 : 6000系 ・ 6300系 ・
6200系

用途 : なんば〜橋本間の各停・急行・快速急行
なんば〜三日市町間の準急
なんば〜林間田園都市間の区急
泉北線直通の準急・区急
泉北線内の各停

〇 ・・・ 従来車から車両重心を下げて
高速走行時の安定性が進化ッ!
更新車は車内にデジタル案内表示や
スタンションポールを追加して
快適性が向上ッ!!!!!

× ・・・ 未更新車は加速と
ドア開閉がスムーズではない。










ニッポン経済が右肩アガリで

成長を続ける昭和50年代、

高野線 & 泉北線の

さらなる輸送力の増強を図って

6100系からフルモデルチェンジされて

御製造されまくったのが

コチラの6200系ッ!!!!! 










登場から間もなくして

6000系、6100系と肩を並べ、

瞬く間に主力車の座に

就きまくりましたが

平成13年には、6200系と全く同じ外観の

電機子チョッパー制御車

「初代8000系」 6両を

抵抗制御に改造たてまつって

6200系に編入ッ!!!!! 










さらに平成21年〜24年にかけて

4連口 ・ 4編成が、ぬゎんと

VVVFインバ〜タ〜制御に

大改造されまくりまして

武骨なフォルムとはウラハラの

爽快なインバ〜タ〜サウンドを

高らかに奏でながら、粛々と

オシゴトをこなしておりますッ!!!!! 











  /{^予^;}  

6連口もインバ〜タ〜化されるんかのォ〜??







































★★★ 南海6200系50番台 ★★★

(元 ・ 8200系)









製造年 : 昭和57年〜昭和60年

改造年 : 平成25年〜27年

在籍数 : 18両

編成内容 : ( ← なんば ・ 橋本 → )

cT6550 + M6270 + T6850
+ M6250 + M6260 + Tc6560

車体長 : 20.7〜20.8m   自重 : 26〜38t

車体幅 : 2.74m

制御方式 : VVVFインバーター制御
(IGBT素子)

駆動方式 : WN継手

台車 : 住友金属製
「S型ミンデン台車」
★ M車 ・ T車 = FS-392B
★ Tc車 = FS-092

製造メーカー : 東急車輛

車体材質 : オールステンレス

併結可能車種 : 6000系 ・ 6300系

用途 : なんば〜橋本間の各停・急行・快速急行
なんば〜三日市町間の準急
なんば〜林間田園都市間の区急
泉北線直通の準急・区急
泉北線内の各停

〇 ・・・ 改造によって他車種と併結が可能になり
運用の汎用性が向上ッ!
6200系改造車とほぼ同様の内装になり
快適性も向上ッ!!!!!

× ・・・ 新設された車内のデジタル案内表示が
3色のLED式。
最新のフルカラーLCDが欲しかった。










試作的な意味合いの強かった

初代8000系の実績を踏まえて

電機子チョッパ〜制御よりも

さらにコスト & 保全面で効率的な

「界磁チョッパ〜制御」 を

南海で初めて採用して

本格的に量産されたのが

8200系ッ!!!!! 










在籍数は他の車種よりも

少なめながらも、

高野線 & 泉北線の主力車として

長らく活躍して参りましたが、

平成25年からは、VVVF制御化の

大がかりな更新が施され

お顔にスカ〜トが付いたり

なんば方から2両目の中間車の

パンタを2基から1基に減らしたり

なんば方から3両目の中間車の

電装を解除してサハ化したり

そして、ぬゎんとぬゎんと

6200系に編入されるなど

オドロキの更新内容ッ!!!!! 










現在は3編成すべての更新が完了し、

「8200系」 の系列は

消滅しちまいましたが、

さらに精悍さを増した

ハンサムな表情で

8200系時代よりもさらに

活躍の場を広げておりまするッ!!!!! 











  ∬*´👄`人  

まさに高野線のオスカ〜俳優なのねんッ!








































★★★ 南海1000系 ★★★









製造年 : 平成4年

在籍数 : 14両
(本線・高野線共通仕様のため、
両線の状況によって変動あり)

編成内容 : ( ← なんば ・ 橋本 → )

★ 6連口 ★
cM1001 + T1801 + M1301
+ T1601 + M1101 + Tc1501

★ 2連口 ★
cM1001 (30番台)+ Tc1701

車体長 : 20.7〜20.8m   自重 : 29.5〜37.5t

車体幅 : 2.723〜2.744m
     
制御方式 : VVVFインバーター制御
(G.T.O.サイリスタ素子)

駆動方式 : WN継手

台車 : 住友金属製
「SU型ミンデン・ボルスタレス台車」
★ Mc車 ・ M車 = SS-127
★ Tc車 ・ T車 = SS-027

製造メーカー : 東急車輛

車体材質 : オールステンレス
(先頭車正面はFRP製)

併結可能車種 : 1000系

用途 : なんば〜橋本間の各停・急行・快速急行
なんば〜三日市町間の準急
なんば〜林間田園都市間の区急
泉北線直通の準急・区急
泉北線内の各停

〇 ・・・ 前衛的な外観、ハイグレードな室内など
新時代を担うにふさわしい完成度ッ!!!!!
本線と高野線を特別な処置をせずに
両線で運行できる汎用性の高さッ!

× ・・・ 切妻寄りのボックスシートは
ラッシュ時の輸送と
バリアフリー面で若干不利かも???
塗装のメンテナンスが行き届いていない。










ラピ〜トと並んで、まさに

「平成のNANKAI」 の象徴とも言うべき、

革新的な内容で登場した1000系ですが

車両が近代化してからは初となる

南海本線 & 高野線の共通仕様車でして

高野線でも活躍しまくりッ!!!!! 










ただ運用面では

けっこ〜差がありまして

高野線では車体幅が狭い

ナロ〜ボディ車が中心で ・・・










しかもラッシュ時には

本線ではナゼか運用されねぇ

「6連口 + 2連口」 の

8連運用が見られるなど

なかなかに興味深いんですよねぇ〜! 










両線の輸送状況によって

行ッたり来たりの頻度が

まぁまぁ高けぇ1000系ですが、

現在は本線 & 空港線が

インバウンド輸送のバブルに

沸き返っとりますカンケイで

現在の高野線所属車の両数は

かなり少なめな感じかも ・・・ ??? 











  /{^望^}  


そろそろ 「ラッピング1000系」 が

恋しくなってきたかも??







※ 2017.08.27 画像追加ッ!!







































★★★ 南海2000系 ★★★

( ズームカー )









製造年 : 平成6年〜平成9年

在籍数 : 40両
(ダイヤ改正で運行数減少の余波で
変動の可能性あり)

編成内容 : ( ← なんば ・ 極楽橋 → )

★ 4連口 ★
cM2001 + M2051
+ M2101 + Mc2151

★ 2連口 ★
cM2001 + Mc2151

車体長 : 17.7m   自重 : 34〜36t

車体幅 : 2.731〜2.744m

制御方式 : VVVFインバーター制御
(G.T.O.サイリスタ素子)

駆動方式 : TD継手式平行カルダン

台車 : 住友金属製
「緩衝ゴム式ダイレクトマウント台車」
★ 1、2次車 = FS-541
★ 3次車以降 = FS-541A

製造メーカー : 東急車輛

車体材質 : オールステンレス
(先頭車正面はFRP製)

併結可能車種 : 2000系 ・ 2300系 ・
2200系天空

用途 : なんば〜極楽橋間の急行・快速急行
(大 運 転)
なんば〜橋本間の急行
橋本〜極楽橋間のツーマン各停
橋本〜極楽橋間の指定席観光列車
「天空」 の自由席車
(6両以上で大運転の際は、橋本で増解結)

〇 ・・・ 通勤型車両としては
類まれな高性能を誇りまくりッ!!!!!
当時の最新技術がてんこ盛りで
その後の新世代車両の製造の
指標となった偉大な存在ッ!!!!!

× ・・・ 都市部の輸送には向かない、
小型の2ドア車体。
年を追うごとに活躍の場が
狭くなってきている。










平坦区間での高速運転と

険しィ〜い山岳区間の

急勾配 & 急カーブでの走破力、

一見、相反しまくりな2つの要素を

涼しィ〜いお顔で両立デキちまうデンシャ、

古くから南キチ達は、ソノ名を

「ズームカー」 と称しまくり候ッ! 










VVVFインバ〜タ〜制御、

英字入りの方向幕、

コルゲ〜トレスの

流麗な新世代デザインを

南海で初めて採用つかまつった

この2000系が、新しき時代の

「ズームカー」 の称号を襲名いたしまして

2000系登場以後の南海の車両は

イッキに近未来指向に進化しまくりッ!!!!! 










デビュ〜当初は、

高野山直通運用 「大運転」 を中心に

優等運用で走るコトがほとんどでしたが

急行の停車駅増設により

小型な2000系では

ラッシュを捌ききれんくなって

朝夕ラッシュ時の運用から

ハズされたり ・・・ 










橋本駅での乗り換えが定着して

「大運転」 っつ〜運行形態が衰退し、

後輩の2300系ズームカーの台頭で

山岳区間の運用も減り、

先日、2017.08.26 のダイヤ改正では

平坦区間での区間急行や各停といった

「閑職」 からも撤退するコトとなり、

2000系をとりまく環境は

ヒジョ〜にキビシイ情勢ですが ・・・ 










現在、大絶賛期間延長運行中の

「真田赤備え列車」


アツ〜い走りに代表されるように

「山男」 の不屈の魂を

限られた条件下でも、

最大限に燃やしまくって、

独特の轟音を響かせ続けて

頂きたいでありますッ!!!!! 











 o∬#`💋´)9 


幸村サンッ!

ズ〜ムカ〜様に炎の御加護をォッ!!!!!









































★★★ 南海2300系 ★★★

( ズームカー )









製造年 : 平成17年

在籍数 : 8両

編成内容 : ( ← 橋本 ・ 極楽橋 → )

cM2301 + Mc2351

車体長 : 17.7m   自重 : 37〜37.5t

車体幅 : 2.744m

制御方式 : VVVFインバーター制御
(IGBT素子)

駆動方式 : TD継手式平行カルダン

台車 : 住友金属製
「緩衝ゴム式ダイレクトマウント台車」
FS-541B

製造メーカー : 東急車輛

車体材質 : オールステンレス
(先頭車正面はFRP製)

併結可能車種 : 2000系 ・ 2300系 ・
2200系天空

用途 : 橋本〜極楽橋間のワンマン各停
(繁忙期は4連でのツーマン各停もあり)
橋本〜極楽橋間の指定席観光列車
「天空」 の自由席車

〇 ・・・ 内外装ともに
観光的な雰囲気がバツグンで
世界遺産への水先案内人の任務に
ふさわしい完成度ッ!!!!!

× ・・・ よほどイレギュラーなケースがない限り、
大阪府内では全く見られない。










高野山の世界遺産登録が

決定たてまつった翌年、

2連でワンマン運行でき、そして

世界遺産観光にマッチしたデンシャを

御投入する計画によって

センセ〜ショナルにデビュ〜した

2300系 ★ 赤ズ〜ム!!!!! 










高野山上にそびえる

「根本大塔」 をイメ〜ジした

朱色のペイント & グラデ〜ションライン、

側面のワイドな一枚窓に赤系の内装色、

2+1の転換クロスシ〜ト、

そ し て ・・・ 










「さくら」 「しゃくなげ」 「はなみずき」

「コスモス」 と、編成ごとに異なる愛称と

従来の通勤型デンシャとは

二線も三線も画しまくりな

スペシャルな装いなんスよねぇ〜!!!!! 










ソレだけでなく、

パンタグラフやコンプレッサ〜を

2両双方に配して

山岳区間での安全走行と

緊急事態回避に

特化した性能となっとりまして

観光客様を安全にお送りするために

お盆が過ぎても、日々、

高野山麓のサバイバルな鉄路と

格闘しまくっておりますッ!!!!! 










 o{^唄^}o  


♪ 弘法大師のむ〜かしを乗せて〜、

はし〜る電車は、あか〜いデンシャッ! ♪








※ 2017.09.02 画像追加ッ!!

※ 2017.09.03 記事修正ッ!











































 Special Thanks !!! 



南海電鉄様
ホームページ 「鉄道博物館」


ネコ・パブリッシング様
「私鉄の車両23 ・ 南海電気鉄道」










電気車研究会様
「鉄道ピクトリアル 2008.8 臨時増刊号」


Wikipedia様


保 育 社 様
「カラーブックス
日本の私鉄 9 & 11 南海」




























★★★ 盆スペ2017・第4夜もお楽しみにッ! {^盃^}/ ★★★

  
にほんブログ村 トラコミュ ただひたすら南海電車ッ!!!へ
ただひたすら南海電車ッ!!!



posted by 風来坊 at 22:42 | Comment(6) | 車両図鑑・南海高野線 (通勤型) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

☆盆スペ☆ 風来坊激写南海高野線通勤型車両絵巻ッ!!! /{^銀^;}


つ〜感じで、4日連続でお送りして参りました

「2010 ★ 盆スペ」 ですが・・・??? 目





「第4夜」 の今回は、

風来坊自身もオドロキの

「2部構成」 で気合いのお届けッ!!!!! パンチ爆弾






「第4夜・其ノ壱」 の今回は

南海高野線の通勤型車両

ガッツリ御紹介させて頂きまするッ!!! 電車







/{^盃^;} あせあせ(飛び散る汗)

ブログ開設以来、初体験の1日・2回更新ッ!








































★★★  南海6000系  ★★★





製造年 : 昭和37年〜昭和43年

改番・更新年 : 昭和60年〜平成元年

在籍数 : 72両      自重 : 24〜36.5t

車体長 : 20.7m      車体幅 : 2.74m

車体材質 : オールステンレス    制御方式 : 抵抗制御

製造メーカー : 東急車輛

用途 : なんば〜橋本間の各停・急行・快速急行
なんば〜三日市町間の準急
なんば〜林間田園都市間の区急
泉北線直通の準急・区急
泉北線内の各停
(制御関係の事情で、4連口は6連・8連で運転)



※ 2013.12.15 更新ッ!






現在の南海の中で、

最も古い形式である6000系ッ!!! ペン




ニッポン初の20m級・オールステンレス車で

その後の鉄道車両の製造法に

ドデカイ影響を与えましたッ!!!!! NEW






そんな偉大な6000系の特徴と言やぁ、

7000系と共通の片開きドア & 2段昇降窓に

美し〜い凸凹のコルゲ〜ト、

そ〜し〜て製造時期の違いによって

3種類のお顔の表情が楽しめる点でありますッ! 猫






1次車の6001号車 ・ 6601号車 (元・6801号車)

そして6002号車の3両は

2012年に製造50周年を迎えまくりますが、

これまで全く廃車されることなく、全車元気に

第一線で活躍しまくりな6000系に

チカラの限りの拍手を送りてぇですねぇ〜!!! 揺れるハート




本  ∬*´キスマーク`)ノ  ペン

パイオニア台車を履いてた頃のお姿は、今や伝説なのねん…






































★★★  南海6300系  ★★★





製造年 : 昭和45年〜昭和48年

改番・更新年 : 平成8年〜平成21年

在籍数 : 76両      自重 : 28〜36t

車体長 : 20.7m      車体幅 : 2.74m

車体材質 : オールステンレス     制御方式 : 抵抗制御

製造メーカー : 東急車輛

用途 : なんば〜橋本間の各停・急行・快速急行
なんば〜三日市町間の準急
なんば〜林間田園都市間の区急
泉北線直通の準急・区急
泉北線内の各停



※ 2013.12.15 更新ッ!




6300系 (三日市町駅から)


デビュ〜当初は 「6100系」 の系列やったんですが

標準装備のパイオニア台車を

乗り心地 & 耐久性改善のために

ミンデン台車に取り替えられちまったために

車番も 「6300系」 へチェンジすることに。。。 次項有






ただ6100系時代は、7100系との

「兄弟」 的なイメ〜ジが強くって

何つってもブレ〜キディスクが激マブな

パイオニア台車が最大のトレ〜ドマ〜クやったんで、

現在のフクザツな付番方式に、ごくフツ〜の外観の台車に

風来坊も違和感を覚えまくりで。。。 あせあせ(飛び散る汗)






形式や台車は変わっても、

7100系と共通の端正なマスクや、

洗練されたサイドビュ〜は

モチロン健在でございますよォ〜ッ!!! ひらめきぴかぴか(新しい)





m{^願^;}m あせあせ(飛び散る汗)


南海はぁ〜ん、また6100系に、戻しません???







































★★★  南海6200系  ★★★





製造年 : 昭和49年〜昭和60年

改造年 : 平成13年〜平成22年

在籍数 : 58両      自重 : 26.5〜37.5t

車体長 : 20.7〜20.8m     車体幅 : 2.74m

車体材質 : オールステンレス     製造メーカー : 東急車輛

制御方式 : =6連口F= 抵抗制御
=4連口= IGBT素子VVVFインバーター制御

用途 : なんば〜橋本間の各停・急行・快速急行
なんば〜三日市町間の準急
なんば〜林間田園都市間の区急
泉北線直通の準急
泉北線内の各停



※ 2012.08.10 加筆


※ 2013.12.15 更新ッ!








それまでの通勤車両とは打って変わって

武骨でカクカクなマスクに、

南海における4ドア通勤車初の

中間電動車を組み込んでデビュ〜した

6200系ですが。。。 目






21世紀の初ッぱなに、全く同じフォルムで

電機子チョッパ〜制御の 「初代8000系」 を

抵抗制御に改造して6200系に迎え入れて、

2009年からは、ぬゎんと4連口を

イマドキな 「VVVF制御」 に改造しちまう

離れワザを敢行しまくりッ!!!!! 電車あせあせ(飛び散る汗)






現在、4連口の4編成が、

男気あふれる顔つきとは

全くもってミスマッチな、

モダンなVVVFサウンドを響かせて

鋭意激走中ですよォ〜ッ!!! 電車ダッシュ(走り出すさま)





ノ∬;゜キスマーク゜) たらーっ(汗)

激動の人生 (???) を歩みまくりなのねん。。。







































★★★  南海8200系  ★★★





製造年 : 昭和57年〜昭和60年      在籍数 : 12両

車体長 : 20.7〜20.8m      車体幅 : 2.74m

自重 : 26〜38t      車体材質 : オールステンレス

制御方式 : 界磁チョッパー制御

製造メーカー : 東急車輛

用途 : なんば〜橋本間の各停・急行・快速急行
なんば〜三日市町間の準急
なんば〜林間田園都市間の区急
泉北線直通の準急
泉北線内の各停
(常に6連固定で、増結なし)



※ 2013.12.15 更新ッ!







初代8000系での

チョッパ〜制御の実績を踏まえて

さ〜ら〜に保守管理 & コスト面で有利な

「界磁チョッパ〜制御」 を採用してデビュ〜した

イブシ銀の8200系ッ!!! ぴかぴか(新しい)






デビュ〜以来、誰とも手を組まず

いつ、いかなる場合でも孤高の6連で任務をこなし

南海でハヤリの前パン・ホロ顔なんぞにも目もくれず、

改造や更新も受けずに

ひたすら我が道を爆走しまくりと

その端正なマスクからはソ〜ゾ〜できねぇほどの

男気の持ち主ッ!!! パンチ爆弾






在籍数は少ねぇんですが、

高野線に突撃したら

その姿を見かけねぇ日がナッシングなほど、

日夜、大活躍しまくりでございますッ!!! 電車





ひらめき  o{^希^}o  ひらめき


ホロを付けたら、さ〜ら〜にシブさ全開かも!?








































★★★  南海1000系  ★★★





製造年 : 平成4年〜平成6年      在籍数 : 32両

車体長 : 20.7〜20.8m

車体幅 : =1次車= 2.723〜2.744m
     =2次車= 2.83〜2.85m

自重 : 29.5〜37.5t      製造メーカー : 東急車輛

制御方式 : GTOサイリスタ素子VVVFインバーター制御

車体材質 : オールステンレス (先頭車正面はFRP製)

用途 : なんば〜橋本間の各停・急行・快速急行
なんば〜三日市町間の準急
なんば〜林間田園都市間の区急
泉北線直通の準急・区急
泉北線内の各停

※ 2012.12.28 更新ッ!

※ 2013.07.08 更新ッ!!!

※ 2013.12.15 更新ッ!!!!!




1000系 「minapita」 ラッピング車 (新今宮駅)


南海本線にも配属されまくりな1000系ですが

高野線に所属しとるのは

車体幅が狭いナロ〜ボディ〜車のみで

数も本線に比べりゃ、

か〜な〜り少ねぇ模様で・・・ たらーっ(汗)

(2013年にワイドボディ車の

1004F & 1034Fが高野線に移籍ッ!)



1000系 (萩ノ茶屋駅から)


2009年に、一時的に1003Fが

本線から応援に駆けつけた時は

久方ぶりに高野線で一般色の1000系が見られて

し〜か〜も一般色オンリ〜の8連なんかも

激アツでしたねぇ〜!!! 目

(まぁ〜た戻ってきちまいましたが・・・ ★)






2013年現在、ナロ〜ボディ車は

すべて高野線に配属されまくりで

ワイドボディ車も初めて高野線に移籍するなど

今後も1000系の動向から

目ン玉が離せませんよォ〜ッ!!! 目電車




  ノ∬;´キスマーク`) あせあせ(飛び散る汗)

「minapita」 のラッピングも、今は思い出なのねん。。。







































★★★  南海2000系ズームカー  ★★★


2000系ズームカー (天見駅から)


製造年 : 平成6年〜平成9年      在籍数 : 40両

車体長 : 17.7m      車体幅 : 2.731〜2.744m

自重 : 34〜36t     製造メーカー : 東急車輛

制御方式 : GTOサイリスタ素子VVVFインバーター制御

車体材質 : オールステンレス (先頭車正面はFRP製)

用途 : なんば〜極楽橋間の急行・快速急行 (大運転)
なんば〜橋本間の急行
なんば〜林間田園都市間の各停、区急
橋本〜極楽橋間のツーマン各停、臨時列車、臨時特急
橋本〜極楽橋間の指定席観光列車「天空」の自由席車
(6両以上で大運転の際は、橋本で増解結)



※ 2013.12.15 更新ッ!






「ズームカー -ZOOM CAR-」


…それは、平坦区間での高速運転と

山岳区間の急勾配 & 急カーブでのチカラ強い走りを

難なく両立しまくりな、17m級の高性能車に与えられる

栄光の称号ッ!!!!! ひらめき






今でも高野山への水先案内人として

ゼッタイに欠かせねぇ存在なんですが、近年、

「橋本駅で乗り換え」 っつ〜運行形態が増えちまって、

高野線内でも、本来の姿とはほど遠いミッションも

任されるよ〜になっちまいまして… ふらふらあせあせ(飛び散る汗)






ここんとこ、何かと不遇な2000系ですが、

スマ〜トな新世代デザイン、英字入り表示幕

そ〜し〜て近未来的なVVVF制御が

南海で初めて採用された2000系ッ!!! NEW



南海における 「平成の革命児」 としてのプライドは

超ゴ〜カイなモ〜タ〜音が示すよ〜に

イササカの蔭りも見られませんよォ〜ッ!!!!! パンチどんっ(衝撃)





爆弾  ヽ∬;☆キスマーク◎)ノ  爆弾

ず、ず、ず、ず、ズ〜ムカ〜様の臨特ゥゥ───────ッ!!!!!








































★★★  南海2300系ズームカー  ★★★




製造年 : 平成17年      在籍数 : 8両

車体長 : 17.7m      車体幅 : 2.744m

自重 : 37〜37.5t     製造メーカー : 東急車輛

制御方式 : IGBT素子VVVFインバーター制御

車体材質 : オールステンレス (先頭車正面はFRP製)

用途 : 橋本〜極楽橋間のワンマン各停、ツーマン各停、臨時列車
橋本〜極楽橋間の指定席観光列車「天空」の自由席車
('08年までは大運転としての運行もあり)



※ 2013.12.15 更新ッ!






高野山が世界遺産に選ばれると同時に、

それまでの通勤車両のデザインの概念を

ヴィシヴァシ打ち破りまくって、

超ド派手な装いで現れちまった

2300系 ・ 赤ズ〜ムッ!!!!! 目アート






編成ごとに異なる花の名前がつけられて

車内は2 + 1のクロスシ〜ト、ドデカイ側面窓を採用して

観光列車的なイメ〜ジを

全身でアピ〜ルしまくりなんですねぇ〜!!! るんるん






・・・そのためか、なんば方面への 「大運転」 の任務からは

短期間で撤収しちまいましたが、


「こうや花鉄道」 の魅力をさらに広めるべく

山岳区間で日々、フル稼働中でありますッ!!! 電車ダッシュ(走り出すさま)




揺れるハート  v{^美^}v  揺れるハート


弘法大師様もビックリ!?






































6300系 (なんば駅)


ひらめき 車両データ作成の際に
以下の文献を参考にさせて頂きました。
末尾ながら御礼申し上げますッ!



南海電鉄HP様 「鉄道博物館」

ネコ・パブリッシング様 「私鉄の車両23・南海電気鉄道」

電気車研究会様 「鉄道ピクトリアル・2008.8 臨時増刊号」

Wikipedia様

保育社様 「カラーブックス・日本の私鉄H、J南海」





★★★ 「撮り南」 は楽しく、安全にッ!!! {^啓^}/ ★★★

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ

ただひたすら南海電車ッ!!!