2017年08月20日

☆盆スペ☆ 風来坊秘伝泉北高速鉄道車両絵巻 ★ 2017最新版ッ!!!!!



さあさあ皆様ッ! 



心身ともに 「お盆休みボケ」 からの

リカヴァリ〜は

御完了済みでしょうかぁ〜??? 





 /{@д×;} 


本業よりも過酷ッぽい、ワシの夏休み 。。。










つ〜ワケで本日は


「盆スペ☆2017」 第2夜


御公開しまくりッ!!!!! 










南海高野線と相互直通運転しまくり、


オ〜サカ都心部と


泉北ニュ〜タウンを結ぶ


泉北高速鉄道 の全車両を


余すことナッシングに


御紹介いたしまするッ!!!!! 


















































★★★ 泉北高速3000系 ★★★









製造年 : 昭和50年〜平成2年

改造年 : 平成11年

在籍数 : 24両

編成内容 : ( ← 中もず ・ 和泉中央 → )

★ 4連口 ★
cT3500 (奇)+ M3000 (奇)
+ M3000 (偶)+ Tc3500 (偶)

★ 2連口 (改造車) ★
cM3551 + Mc3552

車体長 : 20.7〜20.8m    自重 : 27〜39.2t

車体幅 : 2.74m

制御方式 : 抵抗制御

駆動方式 : WN継手

台車 : 住友金属製
「S形ミンデン台車」
★ M車 ・ Mc車 = FS-379
★ Tc車 = FS-079

製造メーカー : 東急車輛

車体材質 : 2〜5次車 = スキンステンレス
(外板のみステンレスで、台枠・骨格は鋼製)
6〜7次車 = オールステンレス

併結可能車種 : 3000系 ・ 3000系改

用途 : 南海高野線直通の各停・準急・区急
泉北線内の各停

〇 ・・・ 「THE 泉北」 とも言うべき独特の存在感ッ!
最古参ながらも第一線で活躍しまくりッ!

× ・・・ 加速とドア開閉がスムーズさに欠ける。
他車種と併結できない。










泉北線の開業から4年、

輸送力のさらなる増強を図って

南海6200系とほぼ共通の設計で

御誕生つかまつった3000系ッ! 










デビュ〜当初、側面は無塗装でして

その後に側窓上下に

青のラインが追加されたり

先頭車に 「SEMBOKU」 のロゴが

追加されたりと小変更されてきましたが

お顔の塗装デザインは当初から

全くの不変なんですねぇ〜! 










平成11年には、中間車6両が

編成組成の柔軟化を目的として

先頭車に改造されたり、

平成19年には6連口がすべて廃車になったり

平成24年には、ぬゎんと

14両が南海に譲渡されたりと

ヒソカに激動ッぽい半生ですが ・・・ 💦










現在も 「若けぇ衆」 に混じって

第一線でヴァリヴァリ

活躍中でありますッ!!!!! 









  v{^味^}v  

旧式の方向幕も激シブだぜぇ! ベイベ〜ッ!!








































★★★ 泉北高速5000系 ★★★









製造年 : 平成2年〜平成7年

更新年 : 平成27年〜進行中

在籍数 : 40両

編成内容 : ( ← 中もず ・ 和泉中央 → )

cT5500 (奇)+ M5000 (奇)+ M5100 (奇)
+ T5600 (奇)+ T5600 (偶)+ M5100 (偶)
+ M5000 (偶)+ Tc5500 (偶)

車体長 : 20.7〜20.8m    自重 : 24〜33t

車体幅 : 2.74m

制御方式 : VVVFインバーター制御
(G.T.O.サイリスタ素子)

駆動方式 : WN継手

台車 : 住友金属製
「SU形ミンデン・ボルスタレス台車」
★ M車 = SS-121
★ T車 = SS-021A
★ Tc車 = SS-021

製造メーカー : 東急車輛 ・ 川崎重工

車体材質 : アルミ合金

併結可能車種 : なし

用途 : 南海高野線直通の準急・区急
泉北線内の各停

〇 ・・・ 内外装、システム面、すべてが
泉北の新時代到来を印象づけまくりッ!
更新によって居住性がさらに進化ッ!!!!!

× ・・・ 泉北車としては特殊な編成内容のため
運用が限られる。










昭和時代の泉北車は

南海の車両をモチ〜フとしていましたが、

この5000系は、スタイル、形状ともに

全くのオリジナルデザインで

平成初期に颯爽とデビュ〜!!!!! 










南海に先駆けてアルミ製車体を採用し、

イチ早く電気指令式ブレ〜キを奢るなど

泉北渾身の意欲作なんスけど

全編成が前面非貫通 & 8両固定編成と

あまりにもオンリ〜ワンな存在のために

近年では運用面で不遇な時期もありましたが、

現在は日中の運用も復活ッ! 










平成11年には、漫画家の

松本零士様のデザインによる

ペイント列車 (5505F) が登場しまして、

平成21年には公募により

「ハッピーベアル」 と称されるコトにッ!
 










平成27年からはヘッドライトのLED化

車内にLCD案内表示の新設、

ドア & シ〜トモケットの全面交換が施され

最新車種と同水準にまで

クオリティ〜がアップしましたッ!!!!! 











  ∬*゜👄´)ь  

我が道を極めまくるわよんッ!







































★★★ 泉北高速7000系 ★★★









製造年 : 平成8年〜平成10年

改造年 : 平成17年

在籍数 : 26両

編成内容 : ( ← 中もず ・ 和泉中央 → )

★ 6連口 ★
cT7500 (奇)+ M7000 + M7100
+ T7600 + M7200 + Tc7500 (偶)

★ 4連口 ★
cT7500 (奇)+ M7000
+ M7100 + Tc7500 (偶)

★ 2連口 (改造車) ★
cT7551 + Mc7752

車体長 : 20.7〜20.8m   自重 : 28〜34t

車体幅 : 2.83〜2.844m

制御方式 : VVVFインバーター制御
(3レベルIGBT素子)

駆動方式 : WN継手

台車 : 住友金属製
「モノリンク式ボルスタレス台車」
★ M車 ・ Mc車 = SS-147
★ T車 ・ Tc車 = SS-047

製造メーカー : 川崎重工

車体材質 : アルミ合金

併結可能車種 : 7000系 ・ 7020系

用途 : 南海高野線直通の各停・準急・区急
泉北線内の各停

〇 ・・・ ワイドボディ採用で解放感アップ!
さらなる新機軸の積極導入ッ!

× ・・・ 床と出入口の高さは旧規格のまま。
先頭車の前面展望がイマイチ。










老朽化した100系の

置き換えを目的として

平成8年に登場たてまつったのが

コチラの7000系ッ! 










幅広のワイドボディ〜に片腕式パンタ、

スタイリッシュな貫通プラグドア、

そしてIGBT素子のインバ〜タ〜と

当時の南海が、まんだ採用してへんかった

ニュ〜コンテンツがてんこ盛りで

新たなる泉北の主力車として

ソッコ〜で認知されまくりッ! 










のちに4連口の 「7511F」 の先頭車2両が

パンタ搭載 & 電装化の改造を受けて

2連口となったり、

後輩の7020系と同様の

ド派手な内装に改められたりと

幾度ものマイナ〜チェンジを受けて

本日も大絶賛快走中でございますッ!!!!! 











  d{^躍^}b  

「仮面」 の内側に、主力車のプライドを秘めまくりッ!










































★★★ 泉北高速7020系 ★★★









製造年 : 平成19年〜平成21年

在籍数 : 18両

編成内容 : ( ← 中もず ・ 和泉中央 → )

★ 6連口 ★
cT7520 (奇)+ M7020 + M7120
+ T7620 + M7220 + Tc7520 (偶)

★ 4連口 ★
cT7520 (奇)+ M7020
+ M7120 + Tc7520 (偶)

★ 2連口 ★
cT7571 + Mc7772

車体長 : 20.7〜20.8m    自重 : 28〜34t

車体幅 : 2.83〜2.844m

制御方式 : VVVFインバーター制御
(2レベルIGBT素子)

駆動方式 : WN継手

台車 : 住友金属製
「モノリンク式ボルスタレス台車」
★ M車 ・ Mc車 = SS-173M
★ T車 = SS-173T
★ Tc車 = SS-173TC

製造メーカー : 川崎重工

車体材質 : アルミ合金

併結可能車種 : 7000系 ・ 7020系

用途 : 南海高野線直通の各停 ・ 準急 ・ 区急
泉北線内の各停

〇 ・・・ UVカットガラス、LCD案内表示を
新製時から標準装備し、
快適な車内空間をさらに追求ッ!!!!!

× ・・・ 7000系同様に床が高く、出入口が低い。
製造コストが高く、増備が止まっている。










100系の全廃後、

3000系との置き換えを目的として

平成19年に鮮烈なデビュ〜を飾った

最新世代通勤車 ☆ 7020系ッ!!!!! 











一見、7000系の

マイナ〜チェンジ版にも見えますが、

7000系の充実装備に加え、

座席の大型仕切りや、

お肌に優しィ〜いUVカットガラス採用、

当時はまだ珍しかったLCD案内表示の実装に

さらにアガッた車内の静粛性など

究極の快適性を実現ッ!!!!! 










ぬゎんと、早えぇもんで

今年でデビュ〜10周年を迎えますが、

南海などの他社の車両づくりにも

影響を与えたとも思える、

センセ〜ショナルかつ

プレシジョンな7020系の完成度は

24時間365日、ピッカピカな車体とともに

さらに輝きを増しまくりでありますッ!!!!! 











  ∬*´👄`)ノ  

ようやく時代が、7020系に追いついたのねん ・・・ ★







































★★★ 泉北高速12000系 ★★★









製造年 : 平成28年

在籍数 : 4両

編成内容 : ( ← 中もず ・ 和泉中央 → )

cM12021 + T12821
+ T12871 + Mc12121

車体長 : 20.665m 〜 20.765m

自重 : 30.5t 〜 41.5t

車体幅 : 2.82m

制御方式 : VVVFインバーター制御
(IGBT素子)

制御器 : 「VFI-HR1421F形」
(速度センサレスベクトル)

駆動方式 : WN継手
(歯車比 = 98:15)

台車 : 新日鐵住金製
「モノリンク式ボルスタレス台車」
★ Mc車 = SS-177M
★ T車 = SS-177T










パンタグラフ : 東洋電機製 「PT-7144-B2」

コンプレッサー : 「MBU1100T-4形」

補助電源装置 : ダイレクト変換2レベルインバーター
「SVH75-4045C1形」
(75kVA・三相220V・60Hz)

モーター : 三相かご形誘導電動機
「MB-5091-A3形」
(180kw × 8)

制動器 : MBSA形デジタル電気指令式電空併用ブレーキ
ブレーキ応荷重・直通予備ブレーキ付き
(T車はファインスキッド装置付き)

製造メーカー : J-TREC 総合車両

車体材質 : オールステンレス
(前頭部のみFRP製)

併結可能車種 : なし

用途 : 南海なんば 〜 和泉中央間の指定席特急
「泉北ライナー」

〇 ・・・ 見る者すべてのドギモを抜く
インパクト絶大な外装デザイン!!!!!
内装の完成度は
南海12000系よりもハイレベル!!!!!

× ・・・ 側窓も全面ラッピングされているので
車窓の風景はあまり楽しめない。










「ぬゎ〜〜にィィ〜〜〜!?!?



泉北線に、指定席特急を



走らすぢゃとォォ〜〜!?!?!?」










・・・ 誰しもがビックラこいた平成27年、

年末から泉北線で

ホンマに走り始めたソノ特急は

「泉北ライナー」 と名付けられて

当初は南海11000系や南海12000系といった

南海の特急車で運行しとりましたが ・・・ 










今年、ついに、泉北所属の

「泉北ライナー」 専用車

「泉北高速12000系」


満を持しまくって

華々しィ〜くデビュ〜!!!!! 










基本設計は南海12000系と

全くの共通ですが、

デッキの豪華絢爛なゴ〜ルドの内張り、

車両ごとに異なるシ〜トのカラ〜、

水洗式に進化した男性用の小トイレなど

細部をさらにブラッシュアップ!!!!! 










わずか30分前後っつ〜、

まばたきほどの

短けぇ乗車時間でも

乗客様すべてを、瞬時に

新鮮なオドロキの渦へと

巻き込むコトが可能な

泉北高速12000系の

「黄 金 旅 程」 を

ぜひぜひ、全身で

御体感下さいましィ〜ッ!!!!! 











  ヽ{^嬉^}ノ  

2017.08.26 のダイ改で増発決定ッ!!!













































 Special Thanks !!! 



電気車研究会様
「鉄道ピクトリアル 2008・8 臨時増刊号」










泉北高速鉄道様
公式ホームページ
「車両図鑑」










泉北高速鉄道様
「SEMBOKU LINER SERIES 12000 」
カタログ










保 育 社 様
「カラーブックス
日本の私鉄 11 南海」


Wikipedia様






※ 2017.09.07 画像追加ッ!!

※ 2017 09.16 さらに画像追加ッ!!
































★★★ 盆スペ2017・第3夜、ご期待下さいッ!!! {^盃^}/ ★★★

  

ただひたすら南海電車ッ!!!


★ 車両図鑑・泉北高速に関連しまくりな記事ッ!!!!! ★
posted by 風来坊 at 16:23 | Comment(4) | 車両図鑑・泉北高速 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 待ちに待っておりました「盆スペ2017」(第二夜)。
 まだ運行を南海に委託していた頃はよく泉北車にも乗ったのですが
5000系以降の泉北オリジナル車には未だ乗ったことありせん。
(それ以前に泉北線に乗ったことないんですケド…。不都合な事実…)
 意外や南海と全く同じ車両って、12000系が初めてだったんですね…。
最近は関東私鉄でも着席通勤特急が次々に登場しているので、
泉北ライナーも注目されているのではないでしょうか。
 今回もお忙しい中の渾身レポ〜ト、まことにありがとうございました!
Posted by Eはみ猫 at 2017年08月20日 17:51
>>> Eはみ猫様へ。

こんばんわッ!
  {^盃^}/

ありがたきお言葉でございますッ!
今回の撮りおろしの写真は
なるべく泉北線内で撮るように
心がけたんですが、いやはや、
猛暑の泉北線の駅ソト撮影は
楽ではありませんでしたねぇ〜 。。。
  /{+ω+;} 〜 @@@

ぬゎんと意外や意外ッ!
泉北線には未乗車でありましたかぁ〜 ・・・
  {^鱗^;}ゞ

今でこそ駅の近くに
ららぽ〜と様などの商業施設が
充実していますが、
昔の泉北線は純然たる通勤路線やったぽいので
アシが向きにくかったのも
ご無理はナッシングかも??
  /{^素^;}    /{^気^;}

系列も南海と全くの同一というのは
12000系が初めての例ですねッ!
南海との共通設計車としては
3000系オ〜ルステン車の増備車以来、
26年ぶりの製造になりますッ!
  φ{゜勉゜;}    φ{゜強゜;}

調べてみますと、京王や東急など
これまで指定席特急がなかった鉄道会社でも
設定の動きがあるらしいですが、
短距離の通勤特急ながらも
あえてゴ〜ジャスにした
泉北ライナ〜の造りや、
南海のサザンの 「通勤車+特急車」 といった
独自の発想が、他地区に波及する可能性は
大いにありそうですねッ!
(名鉄ではすでに一部特別席特急がッ!)
  d{^元^}b    d{^祖^}b

今回もご覧頂きまして
誠にありがとうございましたッ!!
  m{^感^}m    m{^謝^}m

Posted by 風来坊 at 2017年08月20日 21:50
猛暑の中泉北線御突撃お疲れ様でした。
多彩な泉北車が高野線に乗り入れてくるので南海の面白さが増えていると思います。私自身は泉北線に乗ったことがないんですが。
個人的に他社線の乗り入れ車両が来るとなんか得した気分になります。

泉北ライナーの短距離特急にも関わらず豪華仕様というのがまたいいですよね。





Posted by 北斗 at 2017年08月28日 00:07
>>> 北斗様へ。

こんばんわッ!
  {^盃^}/

いやぁ〜!
ありがとうございますッ!!
  m{^恐^;}m    m{^縮^;}m

南海なんば〜中もず間だけで、
南海車を含めると
実に14車種もの多彩な顔ぶれが
バンバン行き交いまくっておりますが (笑笑ッ)
おっしゃる通り、これが
都市部の高野線での撮り南の面白さに
直結してますねッ!
  d{^賑^}b 〜 ♪♪♪

以前は南海と泉北高速 (大阪府都市開発) は
全くの別会社やったので
直通運賃が高かったんですが
南海の子会社となってからは
直通運賃も引き下げられて
利用しやすくなりましたッ!
  v{^親^}v    v{^近^}v

泉北12000系のゴ〜ジャスさには
ホンマに私も驚きましたねぇ〜!
つい先日、泉北ライナ〜の運用に復帰した
11000系に乗車しましたが、
新旧の差が思ったよりもデカくて (苦笑ッ)
12000系の第2編成の登場が
待たれるところかも!?!?
  /{^鱗^;} 〜 ★


Posted by 風来坊 at 2017年08月28日 21:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。