2017年08月12日

☆盆スペ☆ 風来坊謹製阪堺電軌和歌山電鐵車両絵巻 ★ 2017最新版ッ!!!!!



ん な ワ ケ で


読者の皆々様ッ !!!!! 


残 暑 お 見 舞 い


申しアゲまするッ !!!!! 







 ∬;+💋+)ゞ 

涼しい秋は、夢のまた夢なのねん 。。。










「激暇日記」 では、今回から


ぬゎんと 5週連続☆5回シリ〜ズ


お盆休みスペシャル企画



★ 南泉チン貴志車両図鑑 ★



「2017 ☆ 最新版」



撮りおろし & 未公開写真満載で


ドヴァドヴァお届けしまくりッ!!!!! 










「盆スペ☆2017」


第1夜
の今回は


阪堺電軌 のチン電たちと


和歌山電鐵 のデンシャたちを


御紹介させてイタダキまするッ!!!!! 












  d{^楽^}b  

超絶個性派ぞろいのチン貴志の面々ッ!!






































★★★ 阪堺電軌モ701形 ★★★









製造年 : 昭和62年〜平成7年

在籍数 : 11両

車体長 : 13.7m   自重 : 19.0t

車体幅 : 2.5m

駆動方式 : 平行カルダン

制御方式 : 抵抗制御

製造メーカー : 東急車輛

車体材質 : 全鋼

用途 : 阪堺線・上町線の全運用

〇 ・・・ 運行数、在籍数ともに阪堺最多。
今の阪堺はこのデンシャなくしては語れないッ!

× ・・・ 高速走行時の横揺れが気になるかも???
バリアフリー性能では後れをとる。










ニッポンがバブル経済に沸きまくりな

昭和末期から平成初期にかけて

御生誕つかまつったモ701形ッ! 











従来のチン電に比べて

格段にモダンなフォルムに

強力なブレ〜キング性能が与えられ

在籍数も阪堺最多を誇りまくって

名実ともに主力車両の座に君臨しまくりッ! 











製造当初はパンタグラフが 「Z型」 でしたが

近年、片腕式パンタへの換装が進んでいて

見た目もさらにモダンに進化つかまつって

今日も深紅のブレ〜キランプを

ギラつかせておりますよォ〜ッ!!!!! 











  o{^頑^}9  

疾れッ! 曲がれッ! 停まれッ! 阪堺セブンッ!!









































★★★ 阪堺電軌モ601形 ★★★









製造年 : 平成8年〜平成10年

在籍数 : 7両

車体長 : 13.7m   自重 : 19.0t

車体幅 : 2.5m

駆動方式 : 平行カルダン

製造メーカー : 東急車輛

車体材質 : 全鋼

用途 : 阪堺線・上町線の全運用

〇 ・・・ 旧型車両の機器を流用しているが
モ701形とほぼ同等の乗り心地を実現ッ!

× ・・・ バリアフリー性能は前時代的。










実は現在、阪堺電軌で

2番目に新しィ〜い車種が

コチラのモ601形なんスけど、

制御機器やブレ〜キなどは

旧型車のモノを流用して御製造ッ! 










ブレ〜キランプは未装着ですが、モ701形と同様に

阪堺の主力車両として

日々活躍しまくりでして、

春夏秋冬朝昼晩、いつ、いかなる時も

広告塗装を施されているように

ソノ存在感はすっかり沿線に定着しまくりッ! 










モ701形同様に、

従来の 「Z型」 パンタから

片腕式パンタへの換装が行われたり

出入り口のステップの段数が増やされたりと

細かな変更も受けておりますッ! 












 ∬*゜👄´)ь 

先人たちの意志を受け継いで、今日も激走だわよんッ!






































★★★ 阪堺電軌モ501形 ★★★










製造年 : 昭和32年

在籍数 : 5両

車体長 : 13.3m   自重 : 16.8t

車体幅 : 2.4m

駆動方式 : 平行カルダン

製造メーカー : 帝国車両

車体材質 : 全鋼

用途 : 阪堺線・上町線の全運用

〇 ・・・ コレでもかッ! っというほどに奢られまくった
当時最先端の先進装備の数々ッ!
還暦を過ぎても、乗り心地の良さは
新世代車両に全くヒケをとらずッ!

× ・・・ チン電のシンボル 「フートゴング」 が未装備。










チン電が府民のアシとして

定着しつつある時代であった

昭和30年代に、

キラ星のごとく登場したのが

「チン電の貴公子」 こと、モ501形ッ! 










阪堺 (南海大阪軌道線) 初の全鋼車体、

チン電では珍しいカルダン駆動、

空気バネの 「エアロプリンス台車」 などなど

当時の最先端技術が惜しげもなく

投入されまくって、

いかに、モ501形が期待されとったかが

窺 え ま く り ッ ! 












近年は行先表示のデジタル化などの

改良がちょくちょく行われ

2017年には、めでたく

全車 「還暦」 を迎えましたが

ソノ縦横無尽な活躍ッぷりは

衰えを感じるどころか

ますます盛んでございますッ!!!!! 












  o{^味^}o  

「雲電車」 の復活プリ〜ズ!!







































★★★ 阪堺電軌モ351形 ★★★









製造年 : 昭和37年〜38年

在籍数 : 5両

車体長 : 13.3m    自重 : 17.4t

車体幅 : 2.4m

駆動方式 : 吊り掛け式

製造メーカー : 帝国車両

車体材質 : 全鋼

用途 : 阪堺線・上町線の全運用

〇 ・・・ モ501形と同等の上質な乗り心地と
色褪せない流麗なデザインッ!

× ・・・ 「乗りチン」 に興味のない方には
モーター音がうるさく感じるかも???










モ501形の製造から5年後、

モ501形と全く同じフォルムを纏って

デビュ〜つかまつったモ351形ッ! 










モ501形が完全新製なのに対して

モ351形は旧型車両の機器を

流用して造られたために

静かな走行音のモ501形とは違って

吊り掛けモ〜タ〜のゴ〜カイなサウンドを

発散しまくりッ!!!!! 










モ501形同様に行先表示のデジタル化が

全車完了しとりまして、

一部の車両は

ヘッドライトのリフレクタ〜も

近代的なモノに交換されておりますッ!!!!! 











  ∬*´👄`人  

涼しいお顔でオタケビだなんて、たまんないッ!








































★★★  阪堺電軌モ161形  ★★★









製造年 : 昭和3年〜昭和4年

在籍数 : 4両

車体全長 : 13.7m   自重 : 18.6

車体幅 : 2.5m

駆動方式 : 吊り掛け式

製造メーカー : 川崎車輌 ・ 田中車両 ・ 大阪鉄工所

車体材質 : 半鋼製

用途 : 阪堺線・上町線の始発・終電以外の運用
(非冷房のため、梅雨時〜初秋までは昼間運休)

〇 ・・・ 問答無用の圧倒的な風格ッ!!!!!
昭和ひとケタ台製造のデンシャが
定期運行できているのは
阪堺の保全技術の高さの証明ッ!

× ・・・ 非冷房、騒々しい車内、
硬すぎる乗り心地など
ファン以外には辛いスパルタンな乗り味。










・・・ 今年で御年89歳を迎えられ、

我が国ニッポンに於いて

定期運行できるデンシャとしては

国内最古の存在である

161大先生ッ!!!!! 










屋根の強度のカンケイで

全車冷房ナッシングなため、

夏場はよっぽどのコトがない限りは

車庫で御隠居生活を送られまくり ・・・ 










ここ数年、急速に両数が

減ってしまいましたが、

161号車が特別仕様に改修されたりと

老いてなお盛んな大先生が

無事に 「100歳」 を迎えられるコトを

願ってやみませぬッ!!!!! 











  m{◎ω◎;}m  

「青雲大先生復活」 のウワサがッ!?!?







































★★★ 阪堺電軌1001形 ★★★









製造年 : 平成25年〜27年

在籍数 : 3編成 (3連接固定ユニット)

編成長 : 16.3m    自重 : 23.0t

車体幅 : 2.4m

駆動方式 : 直角カルダン

ブレーキ方式 : 電気指令式空気ブレーキ
(回生・発電ブレンディング併用)

制御方式 : VVVFインバーター制御

製造メーカー : アルナ車両

車体材質 : 全鋼

用途 : 上町線・天王寺駅前〜住吉間と
阪堺線・住吉〜浜寺公園間で運行

〇 ・・・ これまでの車両の弱点であった
バリアフリー性能が飛躍的に進化ッ!
近未来的なデザイン、高級感あふれる車内、
力強い加速と安定感バツグンの走りッ!

× ・・・ 3編成もあるのに運行数が少ないッ!!!!!










2013年、堺市の支援を受けて

満を持しまくって誕生つかまつった

阪堺待望の新型車

1001形 ☆ 堺トラム!!!!! 










3ボックスの固定連接車体は

従来車よりも大幅に車高が低められて、

乗降性が飛躍的にUPしまくりで

高速走行時の安定性もピカイチでして

まさに阪堺の未来を託すに

ふさわしすぎる存在ッ!!!!! 










第1編成には 「茶ちゃ」

2014年登場の第2編成には 「紫おん」

2015年登場の第3編成には 「青らん」 と

それぞれ個別の愛称とカラ〜が与えられており

未来に向かって変革を遂げようとしとる

阪堺電軌の象徴的な存在でありますッ!!!!! 











  ∬*´👄`)ノ  

天王寺界隈の変わり様が、ハンパないもんねぇ〜!


































★★★ 和歌山電鐵2270系 ★★★









製造年 : 昭和45年〜昭和47年

改造年 : 平成6年〜平成7年

在籍数 : 12両

編成内容 : ( ← 和歌山 ・ 貴志 → )
cM2271 + Tc2701

車体長 : 17.7m    自重 : 35.5〜37t (新製時)

車体幅 : 2.74m

車体材質 : 全鋼

制御方式 : 抵抗制御

製造メーカー : 東急大阪 ・ 東急車輛
(改造 : 南海車輌工業)

看板列車リニューアル年 : 平成18年〜平成28年
(施工 : 大阪車輌工業)

用途 : 和歌山〜貴志間の各駅停車
(運行する車両の種類は日によって異なる)

〇 ・・・ ド派手な外観、夢のような空気感の室内デザイン!
看板列車のプロデュ〜スを手掛けた
水戸岡鋭治様の手腕に脱帽ッ!!!!!

× ・・・ 平日ラッシュ時の看板列車の乗車は
いささかサバイバルかも???










・・・ 南海貴志川線が和歌山電鐵に

移管してから、はや11年、

廃線の危機に瀕していた貴志川線は

「たま名誉駅長 & ニタマ駅長」 や

バラエティ〜豊かな看板列車のおかげで

今やグロ〜バルクラスの人気路線に成長ッ! 










南海22000系を貴志川線用に改造した

「2270系」 をさらに改造たてまつって

2006年登場の 「いちご電車」 を皮切りに

2007年には車内におもちゃのショ〜ケ〜スや

販売機を設置した 「OMODEN」

2009年には車体全体に 「たま駅長」 の

イラストを描いた 「たま電車」

そして2016年には和歌山の特産 「紀州南高梅」 を

モチ〜フとした 「うめ星電車」 と

見ても乗っても楽しィ〜い看板列車が

続々と誕生ッ!!!!! 










貴志川線復活の最大の功労者

「たま名誉駅長」 は

残念ながら2015年に逝去されましたが

今では国内だけでなく、海外からも

大勢の観光客様が貴志川線を訪れ、

「たま駅長」 と、ソノ後輩たちの人気は

今なお激アツございますッ!!!!! 











  v{^喜^}v  

撮影名所もワンサカだぜぇ、ベイベ〜ッ!






































和歌山電鐵2270系たま電車の車内




 Special Thanks !!! 



阪堺電気軌道様 「モ501形電車パンフレット」


電気車研究会様
「鉄道ピクトリアル 2008・8 臨時増刊号」


Wikipedia様



























★★★ 「盆スペ★2017 ・ 第2夜」 も乞う御期待ッ!!! {^盃^}/ ★★★

  

ただひたすら南海電車ッ!!!


★ 車両図鑑・阪堺 & 貴志川線に関連しまくりな記事ッ!!!!! ★
posted by 風来坊 at 18:03 | Comment(8) | 車両図鑑・阪堺 & 貴志川線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 目まぐるしく衣替えするチン電。
オレンジの雲電車は既に過去のものだったのですね…。
161大先生の人気は関東でもハンパなし。
 にゃんキチの私は電車よりもねこ駅長に注目してしまう貴志川線。
一般車よりも多くなった「柄モノ」化は一段落といったトコロでしょうか。
一番新しいいちご電車と2272Fでも新造後45年になる車両の老朽化
も気になるトコロです。
 待ちに待っておりました「盆スペ2017」(第一夜)。
渾身のレポート、ありがとうございました。
Posted by Eはみ猫 at 2017年08月12日 19:46
ご無沙汰です!!
この猛暑如何お過ごしですか。
阪堺電車は旅情溢れて楽しい車両がいっぱいで走行シーン見ていても飽きないですよね。
そして近々撮影会もあるようですね。

ブログなんですが役立つ情報もなくいずれ廃止することから利用を終えました。ヤフーだけ2年ぶりに再開し不定期としていますが、今の多様な情報を得るためTwitterに変更しました。

残暑厳しいとは思いますが体調に気をつけお仕事、また突撃にがんばってくださいね。

ウフッ例の写真もね。
じゃまた!!
Posted by sweet at 2017年08月13日 00:39
>>> Eはみ猫様へ。

こんばんわッ!
残暑お見舞い申し上げますッ!
  {^盃^}/

返信が遅くなってしまいまして
誠に申し訳ありません。。。
  m{_ _;}m

ちょうど南霞町駅が新今宮駅前駅に
改称して間もない時期に
「蛍光」 オレンジの雲電車がお目見えしましたが
(その後側面に 「カギかけた?」 のロゴがッ!)
現在は塗装が変更されてますねぇ〜 。。。
  /{^短^;}    /{^期^;}

ここ2年ほど、お正月のカ〜ニヴァルでも
大先生同士のランデヴ〜が
全然見られなくなってしまうほど
数が減ってしまいましたが (涙涙ッ)
モ501形同様の金太郎塗装復活に
(165号車も近々金太郎化ッ!)
さわやかな青雲大先生も復活するとのことで
まだまだ大先生の老獪 (!) な活躍ぶりが
楽しめそうでありますッ!!
  o{^卒^}o    o{^寿^}o

「たまU世駅長」 こと、ニタマ様は
その肝ッ玉ドッシリな性格が功を奏して (笑笑ッ)
しっかり2代目の役目を果たされているようですッ!!
  m{^可^}m    m{^愛^}m

このたび伊太祁曽駅に赴任された
「よんたま様」 と共に
貴志川線をさらに
盛りアゲて頂きたいですねッ!!
  ┗{^声^}┛    ┗{^援^}┛

20日更新の 「第2夜」 では
泉北高速の全車両をご紹介しまくりますので
どうぞ宜しく
お願いいたしますッ!!
  φ{^熱^}    φ{^筆^}


Posted by 風来坊 at 2017年08月13日 23:50
>>> sweet様へ。

こんばんわッ!
残暑お見舞い申し上げますッ!
  {^盃^}/

返信が遅くなってしまいまして
誠に申し訳ありません。。。
  m{_ _;}m

・・・ いやはや、お盆前までは
常識ハズレの湿度の高さに
苦戦しまくりでしたが (汗汗ッ)
土曜あたりから朝晩が
幾分涼しくなった気がするかも??
  /{^助^;} 〜 ☆

今回、図鑑用の撮影をするにあたって
上町線と阪堺線を
東奔西走させて頂きましたが (苦笑ッ)
数年ぶりに訪れたポイントもあって
改めて古き良きチン電の魅力に
舌鼓を打ちまくりでしたッ!!
  d{^御^}b  d{^馳^}b  d{^走^}b

チン電の撮影会ですが、
阪堺が企画型の撮影会を開くのは
ヒジョ〜に珍しいですので
これは参戦してみたいですねぇ〜!!
  o{^胸^}o    o{^熱^}o


・・・ソレはさておき、
心配しましたよォォ〜〜〜ッ!!!
  {ノд`} .:'・。;・":゜.・☆

sweetさんのブログにアクセスすると
「ご指定のファイルが見つかりません」 と表示され
目が点になってしまいましたが (汗汗ッ)
そのような事情がおありやったんですねぇ〜 。。。
  {・_・;}ゞ .....

私はツイッタ〜のアカウントを持っておらず、
最近はツイッタ〜の閲覧も
全くナッシングでして、
sweetさんのツイッタ〜を見つけることは
男・風来坊にとって
広大な砂漠の中から
ワンカラットのダイヤモンドを
探し出すに等しいほどの
タイヘンな作業ッぽいですが (爆爆ッ)
何とかsweetさんの、ムフフなSHOTを
堪能したい所存でございますッ!! (笑笑ッ)
(ご教示頂けましたら激烈に幸いです ・・・♪♪♪)
  ┗{゜埋゜;}┓  ┗{゜蔵゜;}┓  ┗{゜金゜;}┓

了解いたしましたッ!
お互いに熱中症には十分に気を付けて
ステキな夏を満喫しましょ〜ッ!
  v{^快^}v 〜 ♪


Posted by 風来坊 at 2017年08月14日 00:25
こんにちは。
いつの間にか161大先生も4両と寂しくなりましたね。163号車の部品取りでどんどん淋しくなってしまうのが、痛いくらいです。。。

モ701と601、どちらかといえば番号が大きい方が新しく思えるのですがこちらは順番が逆で南海さんと同様、覚えづらいのが難点かな?
(大和川のナナメ撮りナイスです)

ではでは。
夏空が不安定ですが、晴れたときの空って大好きなのでまた、行きたいなと思った記事でした。








P.S.そういや久々に神ノ木カーブ行きました。
真下の高野線での逆光がしんどかったのですが、上町線の気持ち良さに疲れも吹っ飛びましたよ♪
Posted by うるふ at 2017年08月14日 16:51
>>> うるふ様へ。

こんばんわッ!
残暑お見舞い申し上げますッ!
  {^盃^}/

おっしゃる通り、お正月の大増発時に
大先生同士の行列やランデヴ〜が
見られなくなるくらいに
大先生の数が減ってしまって
寂しい限りではありますが、
161号車以外の3両も
こまめに塗装が変更されたりと
まだまだこれからも大先生の
唸るような重厚な走りを
楽しめそうでありますッ!
  v{^至^}v    v{^宝^}v

9月16日 & 17日には161号車が
恵美須町〜あびこ道間を
1日3往復、計6往復しますよォ〜ッ!
(往路は臨時、復路は回送)
コチラも見逃せませんねッ!!
  d{^特^}b    d{^別^}b

確かに阪堺と南海の車両は
数字の大小と車両の新旧が
てれんこになっている例が多いですねぇ〜!
形式決定の秘話なんかがあったら
ぜひご拝聴したいですッ!
  /{^核^;}    /{^心^;}

ありがとうございますッ!!
8月に入ってから、
ヒジョ〜に味わい深い青空が
楽しめるようになりましたが
私もデンシャだけでなく、
澄み渡る青空も
ジャンジャン狩りまくりたいですねぇ〜!
  o{^喰^}9 〜 ☆

うるふさんも神ノ木カ〜ブに
ご突撃されましたかぁ〜!
私も今回のネタ集めのために
久々に夕方に突撃してみましたが
あの、いかにも 「3丁目の夕日」 的な
(もう古い!?!? 笑笑ッ)
ノスタルジックな眺めが
たまりませんよねッ!
  {^名^}/    {^所^}/

恵美須町〜住吉間での大先生捕獲でしたら、
やっぱり新今宮駅前駅、今池駅、
キタテン駅、天神ノ森駅あたりが
「鉄板」 かも!?!?
  o{▼ω▼}o 〜 ☆★☆


Posted by 風来坊 at 2017年08月14日 20:02
モ601とモ351は南海10000形サザンや西武10000形ニューレッドアローのように旧型車の機器を流用してたんですね。
旧型車は最近の車両より機構が単純かつ頑丈なんでしょうね。
一旦置き換えられた車両の生まれ変わりのようでちょっとロマン?を感じますね。
Posted by 北斗 at 2017年08月17日 04:31
>>> 北斗様へ。

こんばんわッ!
残暑お見舞い申し上げますッ!
  {^盃^}/

南海関連では、ほかにも
南海31000系が南海7100の機器を
流用して造られ、
南海6300系の台車は
泉北100系 & 3000系のものが流用されたりと
リサイクルの例が
けっこう多いんですよねッ!
  {^転^}ь    {^生^}ь

特に抵抗制御の機器は
インバ〜タ〜制御のものより
整備が容易らしいんですが
コスト面の他にも、
整備のノウハウが豊富な点も
流用の理由かもしれませんねぇ〜!
  v{^慣^}v 〜 ☆

モ601形とモ351形、そして南海6300系は
機器を提供してもらった車両も
同じ路線を走っていたので、
先人の魂を宿しながら
さらなる路線の発展のために
これからも先人と同じ、あるいは
先人を越える輝きを
見せてくれるでありましょうッ!
  ┗{^伝^}┛    ┗{^承^}┛


Posted by 風来坊 at 2017年08月17日 20:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。